2013年02月21日

歩き方がおかしいときにはまずチェックを! 耳とは?

昨日歩き方がおかしいという主訴で大きなワンちゃんがお見えになりました

駐車場で歩様をチェックすると確かに右の後ろ脚をかばって歩いていました


診察台にあげて後ろ足を診てみると・・・・・。


001.JPG

こんなものがくっついていました

004.JPG


オナモミだとおもいます


オナモミには

オナモミ
オオオナモミ
イガオナモミ
トゲオナモミ
の種類があるみたいです
従来日本の固有種であるオナモミは外来の種類との生息競争に負けて絶滅危惧種だそうです

http://www.jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=06040454926

ちなみに漢字では「耳」と書くそうです

お散歩帰りに急にびっこを引くときには足の裏のチェックをまずしてみましょう


休診のお知らせ
 

 
2月22日から24日まで横浜で開催される第9回日本獣医内科学アカデミー学術大会に参加するため22日と23日を臨時休診とさせていただきます

  2月21日(木)通常午前診療
  2月22日(金)臨時休診
  2月23日(土)臨時休診
  2月24日(日)日曜休診日

大変ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご了承ください
                    
  院長休診のお知らせ  

3月2日(土)と3月9日(土)は都合により院長の診察は休診とさせていただきます。佐藤先生の診察は通常通り行います。院長の診察を希望される方は2日と9日以外にご来院ください。
posted by 佐藤昭則 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月20日

今晩は勉強会に参加しております

DSC_2785.JPG
今晩は勉強会に参加しています

画像診断についてのレクチャです


主にレントゲンと超音波検査における腹部臓器の評価についてです

日進月歩する検査機器に遅れをとらないようにガンバリマス!


行き帰りがバイクなので体が冷えきっています(涙)
posted by 佐藤昭則 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月19日

重症熱性血小板減少症候群について

最近西日本を中心にダニが媒介する新しいういるし感染症「重症熱性血小板減少症候群」が話題となっております

今日もまた厚労省からの発表で広島県で2012年夏に感染と死亡が発表されました。これで山口、愛媛、宮崎に続き4症例目となります

まずは重症熱性血小板減少症候群とは?

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/sfts_qa.html
http://www.nih.go.jp/niid/ja/sfts/sfts-iasrs/3142-pr3963.html

詳細はそこにあります

重症熱性血小板減少症候群(severe fever with thrombocytopenia syndrome,SFTS)

<原因ウイルス>
ブニヤウイルス科フレボウイルス属に属するSFTSウイルス

<症状>
原因不明の発熱、消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)が中心です。時に頭痛、筋肉痛、神経症状(意識障害、けいれん、昏睡)、リンパ節腫脹、呼吸器症状(咳など)、出血症状(紫斑、下血)を起こします。

<感染方法>
ウイルスを保有するダニに咬まれることにより感染します。日本での感染方法はいまだ解明されておりませんが中国ではフタトゲチマダニやオウシマダニといったマダニ類からウイルスが見つかっています。これらのマダニが活動的になる春から秋に、患者が発生しています。

<潜伏期間>
(マダニに咬まれてから)6日〜2週間程度です。

<動物にも感染・発症するのか?>
中国ではSFTSウイルスを保有する動物が見つかっていますが、それが発症するのかは不明です

<この病気にかからないようにするには?>
マダニに咬まれないようにすることが重要です。特にマダニの活動が盛んな春から秋にかけては注意しましょう。これは、重症熱性血小板減少症候群だけではなく、国内で毎年多くの報告例がある、つつが虫病や日本紅斑熱など、ダニが媒介する他の疾患の予防のためにも有効です。草むらや藪など、マダニが多く生息する場所に入る場合には、長袖、長ズボン、足を完全に覆う靴を着用し、肌の露出を少なくすることが大事です。また、屋外活動後はマダニに刺されていないか確認して下さい。現在のところSFTSウイルスに対して有効なワクチンはありません。


詳しくは厚労省や国立感染症研究所などのHPをご覧になってください


今までよくワンちゃんのバベシア症をこのブログで取り上げてきました
香川県はバベシア症の日本で一番発症数が報告されている濃厚感染地区です。このバベシア症がワンちゃんの体に入るのはダニの媒介によります。ダニの中のフタトゲチマダニ、クリイロコイタマダニ、ヤマトマダニ、ツリガネチマダニなどが知られております。そしてSFTSウイルスの媒介に中国ではフタトゲチマダニやオウシマダニのマダニ類が関与が示唆されています。今はまだダニが活発に活動する時期じゃないので野外におけるダニからのウイルス検出などの研究もあまり行われないですが、温かくなってきたら当然日本でもこのようなマダニ類の関与が今後見つかってくると思います

ワンちゃんにはダニ予防のスポットオン製剤または経口投与薬を使いバベシアを予防し、お散歩でダニが多そうな山や藪の中に行くときには長袖や長ズボンなどの肌の露出が少ない恰好でお散歩に行かなければなりません

重症熱性血小板減少症候群(Severe fever with thrombocytopenia syndrome: SFTS)という病気は新たに発生したのではなく今まであったけど原因が追究できなかった病気と思いますので特にパニックを起こすこともないし、しっかり予防すれば防げるはずです。

お散歩に行くときにはしっかり準備していきましょう!
posted by 佐藤昭則 at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

熱さまし用シート(冷えぴた・熱さまシートまど)の誤飲に注意!

今年になってからワンちゃんの誤飲による手術や催吐処置が続いております

今月になって2頭の子が続けて冷却用ジェルシートを誤飲したことによって手術が続きました


ちなみに両方ともダックスの子でした

1症例目
冷えピタシート誤飲.jpg


2症例目

ひえぴたしっぷ?.jpg

2人ともおなかを切って消化管の中に詰まっていたシートを摘出しました


じゃあなんでこんなものを食べたがるのか?
わんこ誤飲ゼロプロジェクトというものに参加していますがそこの代表者である川原井先生が製造メーカーに問い合わせていただいたところ


冷えピタの成分は、「高含水性基剤PAC-55(ジェル基質)、パラベン、エデト酸塩、ポリソルベート80、グリセリン」だそうです。グリセリンは、ギリシャ語で「甘い」という意味をもつらしいですし、ポリソルベート80はココナッツオイル由来らしいので、わんこには、保湿ティッシュ同様、おいしそうに思うのかもしれません><要注意です。

と教えてくれました

グリセリンは保水・吸水性が強いため様々な分野のものに使われ化粧品、水彩絵の具などなどに含まれているそうです。言葉の由来通り甘みを帯びているためにワンちゃんの興味をそそるのでしょうか?

ちなみにシートを水の中につけてしばらくすると

imgp2417[1].jpg

こんなに膨らむみたいです

1症例目の子の十二指腸を開けた時にはこんな感じでプルンプルン感が強かったと覚えています

まずはワンちゃんの届かない場所で管理することが大事だと思います

これ以上ワンちゃんたちに辛い思いをさせないためにも僕たち人間である飼い主側のさらなる注意が必要です


話が変わりますが休診のお知らせです

休診のお知らせ
  
2月22日から24日まで横浜で開催される第9回日本獣医内科学アカデミー学術大会に参加するため22日と23日を臨時休診とさせていただきます


  2月21日(木)通常午前診療
  2月22日(金)臨時休診
  2月23日(土)臨時休診
  2月24日(日)日曜休診日

大変ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご了承ください
                    
  院長休診のお知らせ


3月2日(土)と3月9日(土)は都合により院長の診察は休診とさせていただきます。両日とも病院は通常通りにあいており、佐藤先生の診察は通常通り行います。院長の診察を希望される方は2日と9日以外にご来院ください。
posted by 佐藤昭則 at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月18日

臨時休診のお知らせ

2月22日と23日は学会参加のため臨時休診となります
21日は通常の診察を行いますが木曜日のために午後は休診です

常用薬や処方食を切らさぬように注意してください


posted by 佐藤昭則 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月15日

しばらく更新が滞りました

今日はまとまった雨の金曜日です
最近ブログの更新が全くできませんでした(涙)

手術がいろいろあり昼も夜もそして休診日にも手術をしたり・・・。
個々数日は昼休みが全く取れない日が続いていました。

でも今日は雨のおかげで少しゆったりとした一日の始まりです


さてそろそろフィラリア予防のダイレクトメールを準備しなきゃと思っています
蚊が吸血するすることによって感染する恐ろしい病気です
http://inada-vet.com/sick-2.html

そして予防薬の投与によって感染を防ぐことができることも知られております

先日より某製薬会社のCMで間寛平さんがワンちゃんに向かって「血ぃー吸うたろうか?」ってやっていますがご覧になりましたか?

そして新しい予防方法の始まりですというナレーションが入っております

今までおもに予防薬の投与は錠剤、お肉タイプのチュアブル製剤、首の後ろに滴下するスポットオン製剤が主流でした。以前注射タイプもありましたがあまり普及しておりませんでした

今回新しい予防方法とは注射タイプの予防薬で12か月効果が持続するそうです
最近発売されたばかりのものなのでまだ不明な点も多く明日当院にて院内セミナーにてその製薬会社の方主催の勉強会を行います

まずはしっかり薬について勉強し、口から飲むのが非常に苦手なこの新しい予防方法として選択肢の一つになればいいなーって思っております

posted by 佐藤昭則 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月11日

天狗マラソンに参加しました

2013_0210_11105500.jpg
日曜日に行われた天狗マラソンに参加しました

普段仕事している姿で15km 激走しました!

目標タイムは1時間8分で、二桁順位を狙いました


結果は
1時間7分台で、ちょっと惜しい102位でした

思った以上のハイレベルでびっくりしました、来年もちゃんと練習して頑張らないと!
posted by 佐藤昭則 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月04日

丸亀ハーフマラソンに参加しました

昨日は丸亀ハーフマラソンに参加してきました
1万1千人も参加する大きな大会です
丸亀ハーフのコースは高低差が少なく日本でも有数の高速コースで日本記録も生まれるぐらいです

さて去年の結果が1時間50分14秒でした
http://inada-vet.sblo.jp/article/53471617.html

今年は最低限1時間45分を切ってできたら1時間40分を切りたいって思っていました
そのため月に多い時で220km走り込み練習をしてきました

で、今年の結果は

537210_401539293268985_1236609285_n.jpg

1時間43分45秒

去年より7分ぐらい短縮できました
ただ残り17kmぐらいから足の調子が悪くなり、18km過ぎからはペースが極端に落ちちゃいました。。。
だいたい4分45秒から50秒の間で17kmぐらい行けましたがそれ以降は・・・・・・(涙)
来年の課題です

来週坂出天狗マラソンがあります
15km走ります
練習では1時間10分では行けるので本番では8分台狙って!
頑張ります!

さて仕事の話に戻りますが・・・・

2月22日から24日まで横浜で開催される第9回日本獣医内科学アカデミー学術大会に参加してきます
そのため休診とさせていただきます

http://www.jcvim.org/

しっかり勉強し今後の獣医療に役立てていきたいと考えております
posted by 佐藤昭則 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月01日

2月になりました

2月になりました
今月が一年の中で一番寒い月なんでしょうが今年はずーっと寒い日が続いている感じがします
暖かくなるのを一日も早く切望していますが花粉症の時期もやってくるんで・・・・。

1月末で都合により病院スタッフ一名退職しました
そのため新しいスタッフを募集しております。
興味のある方は病院までご連絡ください

inadavet-2@inada-vet.sakura.ne.jp

2月3月は専門学校生、大学生の春休み時期になります
病院での実習やアルバイトも募集しております
学生さんで小動物臨床に興味のある方はご連絡ください

病院で実際の現場を見て今後の勉強&実習に少しでもお役にたてたらと考えております
お待ちしております

posted by 佐藤昭則 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記